2010年12月12日

基本設計4

前回の減額案(ロフト・屋上なし案)での概算見積りが上がってきました。
なんとか1割オーバーの数字に収まり、これで進めることが決定。

来客が泊まれるように、または将来母が来た時は、私の部屋にもできるだろうと期待していたロフトと、南側の眺めを満喫できるであろう屋上をあきらめるのは残念でもありましたが、一方で、管理する床面積が増えることで、掃除を含めるメンテナンスのストレスも感じていました。しばらくは息子と2人で暮らす家に、ロフトは必要ないもののかもしれません。
ロフトをあきらめることで、何となく肩の荷が下りる気持ちがしました。

これでいよいよ実施設計に進めることになります。


2010年12月04日

基本設計3

101204基本設計3.jpg前回の基本設計2までの内容で、この打合せの日の朝、積算事務所から概算見積りが上がってきました。
高いことは想定していたロフト+屋上あり案での実際の数字は、こちらの予算を700万もオーバーするものでした。
もともと概算見積りの金額をみて削除予定だったロフト階部分をなくす方向で、再度設計を見直ししました。目標は、予算の1割オーバーまでです。

この概算見積りを見る前に進んでいた内容で、模型と立面図が用意されていたこの日の打合せですが、悲しくもこれらを見ながら、これをあきらめる結果となりました。

この日に縮小したプランで、再度概算見積りを取り寄せることになりました。

予定よりも早めに、順調に進んでいたスケジュールですが、ここで踏みとどまることになりました。再概算のでる日程が分かり次第、次の打合せ日程を決めることになりました。

2010年11月30日

児玉幸子展「見えない庭」in 日本化学未来館 メディアラボ

101130児玉さん個展.jpgMiraikanでの連続企画展メディアラボ、第8期展示として筑波の大学院時代の同じ総合造形の2つ先輩で、現在、電気通信大学準教授の児玉幸子さんの展覧会「見えない庭」が開催され、そのオープニングレセプションに招待され、アーティストのBoonさんと一緒に参加してきました。

児玉さんは、筑波の大学院時代からパートナーの竹野美奈子さんとの共同制作で、磁性流体をつかった作品を発表をし、2002年には第5回化庁メディア芸術祭 インタラクティブ部門で大賞を受賞されました。
今回の作品も磁性流体の作品展示で、磁石の移動によって、磁性流体の液体がまるで生き物のように、流動的にかつ有機的に形を変えていくもので、その不思議な動きに見入ってしまいました。

続きを読む >>

2010年11月26日

箱庭療法/デトックスフットバス体験

100406 maywood.jpg今年4月、カウンセリングルームの開設に伴い、webサイトの制作の他、ロゴマーク、名刺デザインなどをさせていただいたカウンセリングルームメイウッド
代表である服部さんの世界観に共鳴を受けつつも、まだ訪れた事がなかったメイウッドに、担当スタッフを引き連れて、実際にカウンセリング体験をしてきました。

体験したのは、デトックスフットバス箱庭療法
箱庭療法は、自分の潜在意識を引き出されて、涙がこぼれてしまう体験をしました。
続きを読む >>

2010年11月23日

基本設計2

この日は、基本設計2回目。
次回は積算事務所から概算見積りを取り寄せるため、床や壁、断熱材など仕上げについて決めていきました。
床の木材や屋根の素材、壁の中の断熱材まで、実物のサンプルを見せてもらいましたが、これらが実際の建物で使われた状態をイメージするのが難しく、それぞれ値段も違うので、どれを選んでいいか迷ってしまいました。
ひとまず概算見積りを出すために決めるもののようですが、細かなところも決めていくのはワクワクするものです。

2010年11月22日

設計リクエスト項目

建築家の中村さんに、ラフスケッチをお願いするにあたり、こちらからリクエストを出した内容は以下のものです。
参考までに記しておきます。(9/26時点)

==============
空間について
・光りに満ちている空間
・開放感のある空間
・出来る限り家からの眺めをよく見せたい
・白くシンプルな中にも、庭や芝生の緑をきれいに見せたい。
続きを読む >>

土地探しから、設計の依頼まで<ダイジェスト版>

このブログでは書いてきませんでしたが、美しが丘西の土地の購入から、建築家への設計の依頼まで、8月の末からのここに至るまでの記録を記しておきます。

土地の契約まで

2010年春〜夏。息子の中学も決まり、そろそろマイホーム(郊外の戸建てか、都内のマンション)でもと漠然と考えていて、息子は「都心はいや。自然のある戸建てがいい」と言っていたたので、頭の中で田園都市沿線、梶ヶ谷〜市が尾あたりでの戸建てのイメージはしていたものの、忙しく何も行動を起こせない状態。
続きを読む >>

2010年11月19日

美しが丘西の土地、そして建築家との家づくり

101119美しが丘西の土地.jpg横浜市青葉区の美しが丘西に38坪の土地を購入しました。
家の設計は、JIAでもお世話になり、多摩美の先輩でもある建築家の中村高淑さんに依頼しています。
美大生時代からの建築への強い関心と憧れをもち、スタジオネオを立ち上げてからは、偶然にもJIA(日本建築家協会)関東甲信越支部の広報に関わらせていただき、建築家の皆さんが、建築家の社会的な役割や意義を訴えていく様子を、横から見てきました。
そして今回、自分の家を建築家の方にお願いできるという長年の夢が叶うと同時に、建築家との家づくりを通して、JIAの手伝いをさせて頂いた中で耳にして来た言葉の意味を、深く理解する機会を与えられたような気がしています。
続きを読む >>

2010年11月06日

チャンチキトルネイド ライブ

101106チャンチキトルネイド.jpg昨年に続き、今年も行きました。チャンチキトルネイドのライブ。
今回も、鶯谷の東京キネマ倶楽部での開催。昨年のライブでは、彼らのクオリティの高い演奏と、チンドン屋風の軽快なサウンドに魅了され、今年は多摩美時代の親友で現在サウンドプロデューサーのなぎさと一緒に、ライブを楽しんできました。
今年は息子が中学で吹奏楽部に入り、私も楽器の名前も覚え、ブラスバンドには親近感を感じていたので、昨年までとは違った視点でライブを楽しみ、そして改めてそのすごさを実感する時間となりました。
さすがにメンバー全員が芸大卒、そのサウンドのクオリティの高さは言うまでもなく、さらに観客の気持ちを引きつける、彼らそれぞれの持つスター性に、すっかり心は奪われてしまうひと時でした。

2010年11月05日

年賀状用 写真撮影

101106着付け.jpg今年も撮影しました。2011年 年賀状写真。
会社設立以来3年間、スタッフが揃ったオフィス風景を年賀状に使ってきましたが、さすがに4年目はネタにつきて、、、、ひらめいたアイディアが、着物姿での年賀状。

たまたま今年入社したスタッフが、着物の着付けができて、スタッフ5名も全員女性ということもあり、華のある年賀状で行こうと、撮影決行。

朝から仕事をこなしながらも、交代で一人ずつ着付けをして、お昼過ぎに5人の着付けが完了。
それからいろいろなシチュエーションで撮影(セルフタイマーですが)しました。
写真の出来映えは、もう、皆可愛くて、皆さんに今すぐお見せしたいくらいです。

でも、写真の公開は元日までお預けです。・・・お楽しみに。

2010年10月28日

スタッフ紹介ページ更新

スタジオネオのクリエーター紹介のページを更新しました。
新人2名を加え、彼女らのプロフィールを公開。
既存スタッフも、昨日新たに撮影をして、最新の顔写真に更新しました。
http://www.studio-neo.jp/neo/creators/

皆それぞれにいいキャラクターで、とってもいい雰囲気がオフィスに流れています。
私にとって、本当に可愛くて大切なスタッフ・・・・スタジオネオの宝物です。

女5人のデザイン会社となりましたが、こうやって並べてみると、なんと美女ぞろいの会社なんでしょう!
是非とも、必見です。
※私は1年前のままでスミマセン。

2010年10月24日

吹奏楽コンサート in 横浜日本丸

101024日本丸コンサート1.jpg横浜みなとみらいにある日本丸メモリアルパークで、息子の所属する吹奏楽部のコンサートがありました。
今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、ランドマークタワーのふもとで帆を張る日本丸を背に、40人の吹奏楽部の男子中学生の演奏風景は、なんともダイナミックで、すばらしく気持ちのいい舞台演出となっていました。

野球部か美術部か、と言っていた本人の言葉に反し、吹奏楽部という予想外の息子の選択でしたが、ホルンのパートとして半年間の練習の成果は立派なもので、凛々しい先輩達と一緒に並んで演奏する姿に、我が息子ながら惚れ惚れ。
少年から青年へとして成長していく男子学生達の姿と、空高く帆を張る日本丸、そしてさらに高くそびえるランドマークタワー、未来への明るい希望を感じ、すがすがしい気持ちになりました。
続きを読む >>

2010年10月23日

webデザイナー取材

この日は、PHP研究所から発行されている小学生向けの書籍「なりたい職業ガイドブック」の続編を創刊するとの事で、webデザイナーの仕事を紹介したいと、編集会社の方がスタジオネオに取材にみえました。

さまざまな職業をクローズアップして、それぞれの職業につき4ページ程度に渡って紹介していく形式のもので、webデザイナーの項目で、webデザイナーにインタビューをするために、インターネットで検索して、数多くあるwebデザイン会社からスタジオネオを選んで下さったとの事です。
インタビューは、入社4年目になるスタッフサホが応じました。

彼女はもともとhtmlやCSSの十分な技術は持ち合わせての入社(アルバイト)でしたが、スタジオネオの勤務を通してデザイン力をどんどん上げ、webディレクターになってからは、企画やディレクション面でも活躍するほどに成長した優秀なスタッフです。
仕事を通しての楽しさや、苦労など体験を通してインタビューに答えていました。
続きを読む >>

2010年10月20日

ほんわり靴下 パッケージデザイン撮影

100920かかと工房撮影3.jpgパンストブランド「LISOIR」のパッケージデザインから1年、同じ(株)アイ・コーポレーションから新たに発売される靴下<ほんわり靴下〜かかと工房〜>のパッケージデザインも依頼いただき、その完成したパッケージの撮影を行いました。
撮影は、いつもお願いしているカメラマンの久保田さん。
続きを読む >>

2010年08月31日

スタッフ採用を終えて

7月末からハローワークでの求人を出して、1ヶ月近いスタッフの募集を行った結果、1名(アシスタントの場合は2名)の採用枠に対して、20名もの応募をいただきました。
お陰さまで、スタジオネオの雰囲気にぴったりの素敵な女性2名の採用が決まりました。

応募のあった方どの方も魅力的で、出来る事ならみんな採用したい!という気持ちになってしまうものでしたが、現実的にそんな事もできる分けもなく・・・・実績よりも、将来性と、人柄や個人としての素質をみて2名のアシスタントの採用を決定しました。

応募のあった方々は、デザイナーとしての実績も豊富で、年数では私を超えるかたも多くいらしたり、フリーランスの経験もある方など、男性、女性含め、こんなにすごい方々から、こんな小さな会社に応募してもらえるのかと驚くほどでした。
結果的に、期待のもてるスタッフを採用できたことはスタジオネオにとって本当に嬉しいことですが、その反面、今回の採用を通して痛感したのは、広告、デザイン業界の厳しい雇用状況でもありました。

勤めていたデザイン会社の経営悪化による解雇、会社の倒産、あるいは勤務状況の厳しさ、フリーランスをしてきた方はフリーランスを続ける事の難しさ、、、など応募された方々の状況が見えるものでした。
続きを読む >>

2010年08月29日

トリック・アートの世界展

写真.JPG夏休みの最後、息子と一緒に、損保ジャパン東郷青児美術館で行われている「トリックアートの世界展」に行って来ました。

夏休みの子ども向けの企画展だったのでしょうけれど、この企画展で展示されている作品は、私の筑波大学大学院の恩師、河口龍夫先生の作品をはじめとして、私が多摩美、筑波の大学院時代に強く影響を受けた作品ばかりで、現代美術の世界に夢をはせ一生懸命美術の勉強をしていた頃の自分に出会う、刺激的な時間にもなりました。

続きを読む >>

2010年08月16日

新スタッフ

100816新人.jpg今週から、アシスタントとして新人のかわいいスタッフが入りました。
この春に多摩美の映像学科を卒業したかれんちゃん。
そう、私の多摩美の後輩です。
映像編集はもちろん、Flashもできるので、今後、動的コンテンツで力を発揮してもらいと期待しています。
この日は、たまたま退社したGrayが来ていたので、Flashを教えてもらいまいた。
素直で元気で明るくて、とってもいい子です。
今後の成長が楽しみです。

2010年08月13日

イタリア人のお客様

100813レナートさん.jpgこの日は、イタリア人のお客さまがスタジオネオにいらっしゃいました。
この方は、スタジオネオが大変お世話になっている女性建築家さんのご主人なのですが、web制作に関心があるという事で、スタジオネオでのお仕事を体験しながら、お盆の2日間お手伝いをしていただきました。

カナダ人の元スタッフもちょうどスタジオネオに来ていたので、ランチをデリバリーして、レナートさんを囲んでの楽しい時間を過ごしました。
さすがにデリバリーは、いつものイタリアンは頼めないので (^_^;
スペイン風でパエリアに。イタリアのお話などを伺いながら、楽しい昼食の時間をすごしました。
作業の説明は、カナダ人元スタッフからだったので、英語でのやりとり。
たまにはこういったインターナショナルな時間もいいなあと微笑ましく思いました。

2010年08月06日

見本帖本店

100806見本帖1.jpg
今、靴下のパッケージデザインのプロジェクトに関わっています。
保湿性に優れ、はくだけでかかとがツルツルになる靴下。その機能性の高さはもちろん、ひとつひとつ人の手によって作業をする工程もあるとのことで、日本の工房の職人的なイメージから、「和」の方向でいこうと話しが進んでいます。
「和」のイメージのパッケージと言えば、やはり和紙を使いたい。
まずはサンプル探しにと、株式会社竹尾のショールーム、見本帖本店に行ってきました。
青山見本帖は、美大時代から美大生達が皆よく通っていましたが、今回は本店のショールムへ。

すべての要素が白一色で構成された空間。紙見本が置かれた台は、その空間の中で、これまた絶妙なバランスで配置され、足を踏み入れてその美しさに、息をのむ程でした。
そして、この真っ白で均質的な空間は、紙の微妙な色や素材を、敏感に感じ取ることができるような気がしました。

100806見本帖2.jpg一通り見て、気に入った紙の番号をリクエスト帳に記載して、10数枚ほどセレクトしました。そのリクエスト帳を店員さんに渡し、店員さんはそれを確認して、壁一面に配置された真っ白な引き出し(しかもその引き出しひとつひとつには番号が美しいタイポグラフィで印字されている)から番号を探し出し、ほとんど待たされる事もなく、全てのA4サイズのサンプルを出してくれました。

ここまで整然と整理された空間と、サンプルを探しやすくしているシステム。
見た目だけでなく、機能的にも洗練された美しさに感心しながら、パッケージデザインの打合せに向かいました。

2010年07月31日

スタッフ送別会

100731送別会.jpg3年間スタジオネオに勤めてくれたスタッフ、Grayの送別会。
1年半前に退職したwebディレクターも駆けつけてくれて、オフィスから一番近くて馴染みの居酒屋「わじゃれか」で、いつもの飲み会といった雰囲気で和やかにお酒を楽しみました。
送別会とは言え、ひとまず正社員という形での勤務は終りますが、しばらくはリフレッシュする時間も持ってもらいながら、引き続きスタジオネオには力を貸してもらうつもりなので、送別会という事を忘れてしまう程、楽しい飲み会でした。
(実際、私も途中から飲み過ぎてしまい、最後の挨拶をしてもらうのも忘れてしまうほどで・・・)
でも、この3年間の感謝の気持ちを込めて、花束と和風グッズ、さらに元スタッフからはバランスボールのサプライズプレゼントがありました。
続きを読む >>

2010年07月23日

ハローワークでの求人

スタジオネオの社内スタッフ体制の変更に伴い、社員を募集することになり、この酷暑の中、渋谷のハローワークへ足を運んできました。
このところの忙しさから採用の動きさえとれずにいましたが、先週は私が教えている大学の就職進路課を訪ね新卒の採用も検討したり、この日はたまたま渋谷での打合せがあったので、そのままハローワークに足を伸ばして話しを聞いてきました。

続きを読む >>

2010年07月15日

建築家・中村さんのオープンハウス

100715中村さんオープンハウス1.jpg
JIAで大変お世話になっている建築家、中村高淑さんが設計した住宅のオープンハウスに行ってきました。中村さんは多摩美の先輩でもあり(在学期間はかぶっていませんが)、フレンドリーなお人柄はとても好感がもてる建築家さんですが、それを抜いても、中村さんのシンプルでスタイリッシュでありながらも、木の素材を取り入れた温かみのある作風には、私もファンになってしまう程素敵な作品をつくる建築家さんです。
続きを読む >>

2010年07月10日

コトバのチカラ

100724コトバのチカラ.jpgスタジオネオで制作して、先日オープンした「コトバのチカラ」のサイトご紹介です。
ライティング業務をメインとしてwebサイトの企画・設計を行い、セミナー事業も展開する(株)グリーゼのメルマガ業務のサービス案内サイトです。昨年からのお付き合いで、いくつかの案件でデザインをご依頼いただいている会社です。

基本的には、企画・ライティングはグリーゼさんが行い、スタジオネオはデザイン・制作といった共同作業でwebプロジェクトを進めていくことになるのですが、今回はグリーゼさん自身のサイトのデザイン依頼でした。
心に響く言葉に、さらにSEO効果まで考えられたライティング計画、ユーザビリティを最大限考慮したサイト設計など、綿密な指示書を頂き、それに基づきスタジオネオがサイト制作とデザインを行いました。

続きを読む >>

2010年06月13日

ラチェットレンチ公演 「星空と彼女のノイズ」

100919syuugo.jpg多摩美時代の友人よっちゃんこと渡辺喜子さんが、役者として出演する公演「星空と彼女のノイズ」を見にってきました。
荻窪メガバックスシアターで行われた劇団ラチェットレンチによる公演。80名程入れる客席は満席で、役者さんの演劇もパワフル。プロジェクターによる映像演出も折り込みながら、コミカルでテンポの早い演劇を楽しんできました。

続きを読む >>

2010年06月06日

日本写真協会(JPS)展

100606写真美術館1.jpg和太鼓祭音のみーさんの作品が、JPS展(日本写真家協会展)に入選したということで、恵比寿の東京都写真美術館で開催されたJPS展・東京展に行ってきました。
各賞の受賞作品に、283名の入選作品が、写真美術館の地下展示室の壁に並び、それぞれの写真家の世界観を楽しんできました。

息子が所属する和太鼓集団で出会ったみーさん。会社勤めをしながら趣味で撮っているという写真を見せてもらったのが、4年くらい前だったでしょうか。
素人の写真というつもりで写真を見はじめていたら、写真から強く発してくる独特の世界観に、私の感情が揺さぶられるようで、写真作品のもつ世界観とみーさんの感性に驚かされたのを覚えています。
それから昨年はじめての二人展を開催し写真の作品を発表、その頃ちょうど雑誌「デジタルカメラ」で入選したりと、それらの作品を見て、やはり彼女の才能は素人離れしたもので、アーティストなんだと感じました。
続きを読む >>

2010年06月04日

営業ツールとしてのwebサイト

このところ打合せなどで外出が続き、オフィスにいる時間が少ない日が続いています。腰を据えてデザインを考える時間がとれないのが辛いところではありますが、こういった状況はこれから新しいプロジェクトが動こうとしている時期であり、スタジオネオの運営にとっては必要な時間であります。
この1週間の間に、某一流商社のハウスエーエージェンシーからの問い合わせと、また某大企業本社の広報部からの直接のお問い合せを頂き、それぞれ訪問してきました。

自社から売り込み営業をかけることのないスタイルで発展してきたスタジオネオですが、それはお客さんからの信頼による口コミや紹介が大多数でありますが、自社のwebサイトが営業をしてくれているという事実もあります。今回の2件も、スタジオネオのwebサイトをみて、という問い合わせでした。

続きを読む >>

2010年05月23日

JIA支部広報誌 Bulletin デザイン

100523Bulletin6.jpgこれまでスタジオネオではJIA関東甲信越支部のwebサイトの制作や保守・更新など、webに関しての広報に長く携わってきましたが、この3月でJIA会員向け広報誌「Bulletin」のデザインを担当されていたデザイナーさんが退任されるということで、後任エディトリアルデザイナーとしてスタジオネオが任されることになりました。
そして今日、スタジオネオが手がけたBulleitn1号目の6月号が届き、冊子を手にして嬉しさも一塩。webでは感じることのできない成果物の実感を肌で感じることができました。

続きを読む >>

2010年05月19日

元スタッフと、その社長と、教え子と。

この日は、元スタッフ(スタッフ第一号)と、そのスタッフが今お世話になっている会社の社長さん、私の昨年の教え子で今そこの社長さんの会社でアルバイトをしている学生と4人で食事をしました。
恵比寿にある「春秋ユラリ」というお店で、お店の雰囲気も照明デザインも木漏れ日の中にいるような空間を感じさせる素敵な空間で、お料理も最高に美味しかったです。

続きを読む >>

2010年05月14日

バーベキューの準備


明日は1年ぶりのバーベキュー。昼から買い出しに出かけて、前日からつけ込みなどの下準備。カナダ人のGrayがレシピを考えてくれて、リブとチキンをメインにしたメニューになるようです。
たまたま新任の挨拶に訪問して来た保険の営業の女性が、「クッキング教室ですか?」なんて聞かれて、「いえ、本当はデザイン会社なんです〜」と大爆笑。
明日が楽しみです。

2010年04月24日

ネイル 初体験

100424ネイル.jpg
高校時代から爪には多少気を使っていた方で、伸ばして形を整えていつもマニュキュアを塗っていましたが、ここ数年のネイルサロンの流行には乗り遅れていた私。
得意先の女性社長さんなど、品のあるきれいなネイルをしている姿を目にし、素敵だなあと関心をもちはじめていた矢先・・・
息子の和太鼓のママさん仲間であり、一昨年彼女のつとめるアパレル系人材派遣会社のwebリニューアルのご依頼をいただいたカキザワさんがネイリストの資格をとって自宅でネイルサロンを開業したとの案内をもらい、早速体験してみました。
続きを読む >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。