2008年02月03日

デザインに必要な要素2 〜演出能力〜

デザインの評価は何によってその善し悪しが決まるのでしょう?デザインのスタイルも様々なものがありますが、良いデザインとは答えは一つではありません。ポップでインパクトのあるもの、静寂さを感じさせる癒されるもの、堅実で知性を感じさせるもの、様々な方向性がありそれぞれにいいデザインが存在します。
それは、好みの問題は別として、その案件ごとにデザインをするの目的を見極め、その目的が目指すべき方向に向かって最大の演出をするということが重要となります。そしてその演出効果がターゲットユーザーの心に伝わってその価値がはじめて生まれます。
方向性を見定めたら、ブレずに全精力をその方向に向かって演出しきる。徹底する。それはある意味ハッタリかもしれません。クライアントが求めているイメージ像を実現させるため、見た目でそれらしく演出することが重要なのです。それが効果的なデザインを生む秘訣です。

そしてもうひとつ。人の心を動かす程の演出力を身につけるには、確かな技術力(構成力、色彩感覚、バランス感覚)が必要なことは言う迄もありません。



posted by Sachiyo Inami at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。