2012年05月05日

東京都現代美術館 「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」

IMG_2678.jpegGWは旅行の予定もなく、昨日の音楽鑑賞に引き続き、今日も息子との美術鑑賞の1日となりました。
吉田輪歌緒さんの個展が清澄白川で行われていたので、その前に、近くにある東京都現代美術館に立ち寄ったところ、靉嘔の企画展が開催されていました。
靉嘔の描く明るい色彩の絵画から、知覚を通した体験型インスタレーションまで、靉嘔の世界に引き込まれるとても興味深い時間を過ごすことができました。

デモクラート美術協会参加から、その後フルクサスのメンバーとしてオノ・ヨーコやナム・ジュン・パイクらと共に活動してきた靉嘔。
靉嘔といえば虹の作品で有名ですが、今回の展覧会では、初期の作品から2011年の新作まで展示されていて、生涯を通じ、芸術に対して挑戦的な試みを続けていること。その中でも一貫した靉嘔の世界観を、確実に築き上げている事を感じることのできる充実した展示内容でした。

「レインボー・エンヴィライメント 男女の人型」は、作品の後ろに周り顔を当てて、唯一撮影可能な体験型作品。
息子に「まじで?」と引かれながらも、しっかり体験してきました。
IMG_2686.jpeg


そもそも今回の目的は、東京都現代美術館(柳沢孝彦設計)の建築を楽しむための訪問でしたが、この日は天気もよく建物鑑賞にも最高の1日でした。

ダイナミックなエントランスホール。人がとっても小さく見えます。
IMG_2678.jpeg

エントランスホールの中から見たメディアコート。
IMG_2679.jpeg

パブリックプラザの空間彫刻もスケール感が大きくて圧巻です。
写真.jpeg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。