2011年11月20日

シンボルツリー植樹

1120植樹(外観).jpg夏に我が家のシンボルツリーとして、8月に植木屋さんで見繕ったアオハダ、家が完成するまで、ずっと植木屋さんに置いてもらっていましたがい、よいよ植樹です。

家づくりの中で、とても楽しみにしていた一つが、エントランスのシンボルツリー。
中村さんの白い建物の前に、株立ちの高い木はきっと映えるに違いないと、この日を待っていました。
1120植樹1.jpg
4m近くあるシンボルツリーのアオバダと、南側に植える樹、数本がトラックで到着しました。
夏に見た時は、葉が青々と茂っていましたが、到着したアオハダは、紅葉も終え、赤い実がなっている状態でした。


1120植樹2.jpg
建物と、敷地の中でのバランスのいいポイントを決め、そこに植木屋さんがスコップで穴を掘っていきます。

1120植樹3.jpg
さすがに、4m近くもあると、クレーンで支えながらの植樹です。

1120植樹4.jpg

樹が1本入るだけで、こんなに建物が映えるなんて!

当初の設計時(建築模型はこちら)にあった左側にあったバスコート、茶色の板がさらに左側まである予定だったのですが、結局減額のためにを中止しました。
けれど、この樹を植えてみて、背景が真っ白な壁であることで、樹も建てものも引き立てあって、結果的に良かったと思いました。

シンブルだけど、とても美しい光景です。



posted by Sachiyo Inami at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家との家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック