2011年10月07日

スティーブ・ジョブズ氏

今から20年前、私が多摩美のグラフィックに在学中は、まだアナログなグラフィックデザイン教育ばかり教えられていて、大学に学生が使えるパソコンなんて1台もなくて、でも世にはAppleのMachintoshが登場している流れを横目で感じながら、Machintoshが創りだす世界に憧れを感じていた学生時代。
唯一、デジタルによる表現の可能性を教えてくれた「テクノロジーアート」の授業を教えてくれた瀧田哲治先生や、その授業を履修している仲間たちと、デジタル表現の可能性をたくさん語り合い、その背景には、いつもMachintosh の存在がありました。

筑波の大学院に進学して、1年生の終わりに結婚することになり、「タンスはいらないから、嫁入り道具にMacを買って」と親に頼み、40万円のMac 8500を買ってもらったのが、私のスタートでした。

0歳だった息子の面倒を見ながら、修了作品と終了論文をそのMacで仕上げました。
それからMacで仕事をするようになり、Mac book G3、G4、i-Mac 、Mac book Pro・・・株式会社となった今もなお、スタジオネオのスタッフマシンは、すべてMacです。
オフィスを空ける事が多くなった今では、2台目となるiPhone 4 が出先でのMy Macのクローンとして大活躍。
中学生になった息子は、iPhoneとiMacを使いこなしています。

Appleとともにあった、私の歩み。
たくさんの夢も与え続けてくれました。

スティーブ・ジョブズ氏に、心より感謝と哀悼の念を表します。


posted by Sachiyo Inami at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。