2011年10月01日

現場打合せ(棚位置決め)

RIMG0004.JPG着工から2ヶ月が過ぎ、11月末の竣工予定まであと2ヶ月となりました。
すべての部屋のフロアが張られ、今回からスリッパで中にあがるようになりました。
外壁も外壁は1回目のモルタルが塗られ、10月中旬の吹き付けを終えて、足場が外されるそうです。
フロアが張られると、完成のイメージがさらに固まってきて、わくらくします。

玄関フロアー (1).jpg
フロアは、バーチ無垢のCグレード(一番安いグレード)を選びましたが、その模様の面白さはCグレードで大正解だと思いました。Aグレードは、板1枚毎の色が揃っているのですが、写真でみせてもらった印象では、少しのっぺりとした印象があって、板の色が違って模様に見える方が面白い気がしたので、Cグレードを選択したのでした。

打合せ内容は、ドアの素材や色を決めるということで、塩ビにするか、シナ材にするか、工務店さんが、いくつかサンプルを持って来て下さいました。
壁を珪藻土にすることで、当初予定していた真っ白い壁ではなくなるので、ドアの色は悩みどころでした。
私の頭の中では、黒やチャコールグレーの黒い色という選択肢も出て来ていて、できれば壁が塗られてから実物の壁を見て、ドアの色を決めたい、と言ったら、塩ビではなく、シナ材で決めておけば、色は現場で塗るので、その時に色を決める事も可能だということで、そのようにお願いする事にしました。

玄関ホールから、4つのドアが見えるので、ここの色はこの家に入った時の第一印象を決める大事なものなので、最後に壁の色に合わせて色を選べるのは、安心です。


玄関ホール.JPG

玄関から、2階を見上げた光景。
来週には、階段がかかるそうです。



東側壁.JPG

キッチン側の壁です。大きな窓の前に食器棚と、右の壁には、大量のフェラーリのミニカーを並べるための、棚が7段設置されます。
当初は、ここのミニカー棚は4段の予定でしたが、高い天井を見て、もう少し上まで棚が並んでいると面白い気がしたので、3段上に追加してもらいました。
あとは、パントリーの中の棚の数と板厚を決めました。


南側.JPG

南側には、左にデッキスペースに抜ける大きな窓と、右にFIXの窓が配置されています。


寝室.JPG

こちらは1階の寝室。南側の庭に窓が開けています。


次回打合せは、また2週間後。
次は、壁の板が張られている状態でしょうか。
階段が設置されているのは楽しみですし、あとは早く外壁と、珪藻土の壁が塗られている光景を見てみたいです。


posted by Sachiyo Inami at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家との家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック