2010年11月26日

箱庭療法/デトックスフットバス体験

100406 maywood.jpg今年4月、カウンセリングルームの開設に伴い、webサイトの制作の他、ロゴマーク、名刺デザインなどをさせていただいたカウンセリングルームメイウッド
代表である服部さんの世界観に共鳴を受けつつも、まだ訪れた事がなかったメイウッドに、担当スタッフを引き連れて、実際にカウンセリング体験をしてきました。

体験したのは、デトックスフットバス箱庭療法
箱庭療法は、自分の潜在意識を引き出されて、涙がこぼれてしまう体験をしました。


101126メイウッド入口.jpgまず地図を頼りに到着したメイウッドは、服部さんのご実家をリフォームされたというカウンセリングルーム。大正・昭和の匂いを感じさせる門構え。ここにカウンセリングルームがあるなんて、という驚きの導入でした。

建築家の鈴木リミさんのデザインをもとにリニューアルしたという室内は、偶然にもスタジオネオがwebサイトをデザインする際に使った手法と、リアルな空間のそれとが重なっている事を知り、これまた驚きでした。




101126メイウッド半透明ドア.jpgまず玄関を入ってすぐに見える、半透明の扉。向こう側が透けて見えるようで、曇ったアクリル素材のため、はっきりとは見る事ができない。
これを知る事がなく、スタジオネオのデザインとして出したweb画面の案が、メイン画面でははっきりと見える樹木の森、そして背景には、ぼかし処理をした樹木の森の写真を敷いたことと、イメージが重なる手法のものでした。



101126メイウッドデトックス2.jpgそしてくつろぎの森の部屋での、タイルとフローリングの境界線は、曲線で区切られているのですが、これもそれを知らない私たちが、同じような形の曲線でトップページのメインエリアとその下のエリアが区切られていて、こんなにシンクロしていることにびっくりしてしまいまうものでした。



101126メイウッドデトックス.jpg実際のカウンセリングでは、まずはデトックスフットバスを体験。
カウンセラーの服部さんとお話をしながら、足をフットバスに入れていると、だんだんと水の色が茶色く変化。この色は個人差があるようで、私の色は濁っているんだろうかと気になりつつも、足から全身にすっきり感が広がり、気持ちも爽快。



101126メイウッド箱庭3.jpgそして、今回一番貴重な体験となった箱庭療法。
中を水色に塗られた箱の中には、砂だけが入っていて、そこに棚に並んでいる動物や人、木や山、お釈迦様やマリア様などたくさんの模型から、自分が好きなものを選び出して、箱の中に置いていき、気の向くままに自分の世界を作っていくというものです。



101126メイウッド箱庭2.jpg先に行ったスタッフのジュンコさんは、カラフルで賑やかな世界を作り出していましたが、私の作り出した世界は、ガラス玉や貝殻と5匹のにわとり、そしてお釈迦様とお墓とトンネル程度のシンプルな世界でした。

お釈迦様を中心にピンクや透明のガラス玉を散りばめ、お釈迦様の後ろにはお墓を置きました。そしてガラス玉が少ないエリアとの間には一つのトンネルを置きました。にわとりはガラス玉の少ないエリア、つまりトンネルの向こうにいます。


101126メイウッド箱庭.jpgこれが完成したところで、服部さんが私にひとつひとつの模型について置いた意味や、ここの箱庭で作られた外の世界はどうなっているか、など様々な質問をしてきます。このやり取りのなかで、服部さんは「あなたは○○です」という断定的なことは何も言いません。ただ質問を投げかけて、私が答えるだけ。
けれど、答えることによって自分の潜在的な意識が明らかになり、自分自身でその答えを発見するものでした。

それにより私が作り出した世界から見えてきた事は・・・・お釈迦様とその周辺のガラス玉が幸せに満ちた光の世界であり、トンネルの向こうの世界はその幸せな世界とは別の世界。
自分はお釈迦様の近くで幸せに暮らしていて、お釈迦様の後ろにいるお墓は、私が子どもの頃に一緒に同居していたおばあちゃんのもので、いつも見守ってくれている。
トンネルの向こうには、にわとりがいて、その向こうの世界に気が付いていて、気になっているけれど、私の中では別の世界として、何も行動を起こさずにいる。

服部さんが「あなたは、この世界で何をしたいですか?」と質問をして、私は考えて「トンネルの向こうにいるにわとりを、こっちの世界に連れて来てあげたい」と答えました。「では、そのようにしてください。」との言葉をもらい、自分に見立てた大きなガラス玉を、トンネルの中を通して向こうの世界に移動させます。
そして、1匹のにわとりと向き合います。
「あなたは今、どんな気持ちですか?」「嬉しい気持ちです。」
「にわとりは、どんな気持ちだと思いますか?」「期待感を持って、とても喜んでいると思います」
そこで私の目からは、涙がぽろぽろと溢れてきました。
「では、好きなように動かして下さい」
私は、1匹のにわとりを連れて、幸せな世界に移動しました。

「どういう気持ちですか?」「すごく晴れ晴れした気持ちです」
「にわとりはどんな気持ちだと思いますか?」「とても幸せでよろこんでいます」
そう答えて、私は残りの4匹もこちらの世界に連れて来たい衝動にかられ、同じようにトンネルを4往復して、こちらの世界に連れて来ました。

この1連の作業を終えて、私の心は涙とともに洗浄されたような、とてもすがすがしい気持ちになりました。
心も体もデトックスをした気持ちで、メイウッドを後にしました。

101126メイウッド2.jpg
「内省の森」と名付けられたこのお部屋も、レトロな雰囲気と、モダンな照明器具のデザインの対比が素敵でした。







追記:
この記事を、服部さんにご案内して、以下のコメントをいただきました。
===========
先日の箱庭体験が新鮮で心洗われる体験であったと言って頂けることは大変嬉しく思います。
カウンセリングは時には運命を変えて、より良く生きるための手段です。
メンタル系のカウンセリングだと医療に近いイメージで、心を病んでいる人が受けるように思われがちですが、必ずしもそうではなく、予防的にも大変効力を発揮します。
キャリア系のカウンセリングは転職支援のように思われがちですが、むしろ今生をどう生きるか、ということが大きなテーマで、職業もその一環として必然的に含まれるに過ぎません。
むしろ、メンタルとキャリアはサッカーのディフェンスとフォワードのようなもので、カウンセラーはどの立ち位置にいようと、ピッチ全体を駆けまわらざるを得ません。
ヘアーサロンやエステが外見から美しくするためのアプローチとすれば、カウンセリングは内面から美しくなるためのアプローチとも言え、日本でももっと日常的なものになって欲しいと念じています。
伊波さんも、カウンセリングをご自身の生活の中の一部として取り入れて頂ければ、と思っております。
フォーカシングや前世療法も面白いですし、他にも興味深いメソッドを研究・開発中ですので、心に風を入れたい、とお思いになった際には、いつでもメイウッドをご再訪ください。
===========


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。