2010年08月06日

見本帖本店

100806見本帖1.jpg
今、靴下のパッケージデザインのプロジェクトに関わっています。
保湿性に優れ、はくだけでかかとがツルツルになる靴下。その機能性の高さはもちろん、ひとつひとつ人の手によって作業をする工程もあるとのことで、日本の工房の職人的なイメージから、「和」の方向でいこうと話しが進んでいます。
「和」のイメージのパッケージと言えば、やはり和紙を使いたい。
まずはサンプル探しにと、株式会社竹尾のショールーム、見本帖本店に行ってきました。
青山見本帖は、美大時代から美大生達が皆よく通っていましたが、今回は本店のショールムへ。

すべての要素が白一色で構成された空間。紙見本が置かれた台は、その空間の中で、これまた絶妙なバランスで配置され、足を踏み入れてその美しさに、息をのむ程でした。
そして、この真っ白で均質的な空間は、紙の微妙な色や素材を、敏感に感じ取ることができるような気がしました。

100806見本帖2.jpg一通り見て、気に入った紙の番号をリクエスト帳に記載して、10数枚ほどセレクトしました。そのリクエスト帳を店員さんに渡し、店員さんはそれを確認して、壁一面に配置された真っ白な引き出し(しかもその引き出しひとつひとつには番号が美しいタイポグラフィで印字されている)から番号を探し出し、ほとんど待たされる事もなく、全てのA4サイズのサンプルを出してくれました。

ここまで整然と整理された空間と、サンプルを探しやすくしているシステム。
見た目だけでなく、機能的にも洗練された美しさに感心しながら、パッケージデザインの打合せに向かいました。


posted by Sachiyo Inami at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | デザインの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 職務経歴書の書き方の見本 at 2011年01月02日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。