2009年12月15日

鞆岡隆史「花木」写真展

091215鞆岡さん個展.jpg共立の授業の前に、表参道ヒルズ内のギャラリーで開催されているフォトグラファー鞆岡隆史さんの個展「花木」写真展に立ち寄って来ました。
鞆岡さんは、今年の夏メガネパリミキの商品撮影をお願いしたカメラマンさんです。

フォトグファラーとしての鞆岡さんの作品は、花や植物をモチーフとし、画面の中にとても洗練された美しい空間を創りだす作品です。
この展覧会でも、植物のカタチと背景の白が創りだす空間が、とても美しいものでした。
また、印画紙ではなく和紙に出力するという試みが、鞆岡さんの作風を引き立て、大変興味深いところでもでした。
今回の個展を訪れて驚いたのは、写真が「絵」に見えることでした。実際、たまたま通りかかってギャラリーに入ってくるお客さんの多くは、「絵」の展覧会だと思って作品を鑑賞していて、写真ということを聞き皆驚くとのこと。

私も芸大を目指していた浪人時代は、芸大の入試課題で出題される平面構成のため、花や植物をモチーフとした描写を数えきれないほど描いて来たのですが、その描写経験が重なって見えてくるのもあり、鞆岡さんの写した植物を、近くに寄って見れば見る程、植物の細い繊維の表現が細かな筆のタッチに見えてきて、「写真」だと分かっていてもそれが信じられない程でした。
どう見ても絵に見えてしまうので「フォトショップでエフェクトなど加えたりしていないですか?」との質問したところ、一切何も加えていないとのこと。
はやりそれは、背景のマットな白が現実の空間から植物を切り取って見せる効果を与え、何よりも和紙の上に出力されている事で、さらにその錯覚を高めているのでしょう。
*背景の白も切り取った白ではなく、実際に白いスクリーンの前で植物を撮影していとのこと。

ここで興味深いことは、絵に見えるかどうかの技術的な問題ではなく、「絵だと思ったら写真だった」という「驚き」を鑑賞者に与える事が、鞆岡さんの作品に付加価値として面白みを加える効果を生んでいるということでもあると思います。

091215鞆岡さん個展2.jpgそして鞆岡さんの作品の中で最も特徴的であり、かつ私が強く惹かれる点は、洗練された構成美にあります。
植物の形の美しさ、
画面の空間の中での配置の美しさ、
そして背景の白の美しさ。

画面の「間」がキレイに見えますね、という私からのコメントに対しての鞆岡さんの言葉によれば、「自分は、<背景の空間>を写しているのかもしれない」と言っていたように、植物のシルエットが創りだす白い背景の美しさを意識して、画面の構成を決定しているから表現できる世界なのでしょう。

そのように考えてみると、この作品をアートとしてみた時に、これは絵でも写真でもどちらでもいいような気がします。
京都精華大学の美術学部で美術を学んだ鞆岡さんは、「自分は写真を撮っているというより、絵を描くような気持ちで作品を作っている」と話していましたが、きっとカメラは作品を創りだすためのツールでしかなく、その奥には鞆岡さんが思い描く世界が存在して、たまたまツールが筆でなくカメラだったということでしょう。結果的に私たちは、生み出された表現を通して、私たちはその美しさに感動をもらうことができているのだと思います。

■展覧会情報
期間 2009年12月11日(金) - 16日(水)
時間 12:00 - 19:00(最終日は18:00まで)
料金 無料
会場 表参道ヒルズ ギャラリーコーワ

■鞆岡隆史(ともおかたかし) プロフィール
フォトグラファー
京都出身 東京在住 山下順にコマーシャルフォト、小西裕典にガムプリントなどの伝統技法を師事。国内外への撮影取材・建築物・スタジオ撮影やイベント講演を活動の場とする。 詳細はこちら >>

091215鞆岡さん個展3.jpg


フォトグラファーの鞆岡さん。作品の前で。


posted by Sachiyo Inami at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アート&デザインレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック