2008年07月26日

仕事と子育て。自分のための時間って…

大学時代の親友が9月の平日に沖縄で結婚式を挙げることになりました。
同じバツイチ女性が2度目に掴んだ本当の愛。是非結婚式に参列したい。
しかも私にとって未踏の地、沖縄!

けれど、小学生の子どもをもち、立ち上げてまだ1年の会社を経営する私にとって平日というのはかなり高いハードル・・・結婚式の参列は難しいとあきらめていたのに、以前にその話しをしたスタッフが今日になって「仕事の事は忘れて、行って来て下さい!」との暖かい言葉。

平日となると…自分の仕事の事も心配だし、小学5年生の息子の学校も始まっているし、塾もあるし、いろいろ考えるとやっぱり難しい選択。
それでも、私が一人旅をした事のない事を伝えると、皆から一人旅をするべき!との言葉が…
その言葉から、自分が一人旅をしたいという欲求がないことに気が付きました。

これまでの人生を振り返り、大学院時代に結婚、出産を経験し、それから母親として仕事を通して自分の世界観を追求して来たけれど、母親としてデザイナーとして、両立する事は甘い道のりではありませんでした。

専業主婦の母親たちと比べてもひけをとらすにきちんと子どもを育てたい。
奥さんに支えられ仕事に専念している男性とも、対等に、いやそれ以上の質の高い仕事をしたい。
そんな思いを実現するには、人の2倍以上がんばるしかありませんでした。
そうはいっても限られた24時間。
効率的に時間を使って、いかに限られた時間を効率的に過ごす事ができるか。
子どもが小さい頃は、昼寝をしている30分がとても貴重な時間で、限られた時間をどう仕事に割り当てられるか、それが一番重要な事でした。
仕事と育児、自分の時間なんて欲しいと思う余裕すらありあませんでした。
お陰で、今の信用を得られるまでになったのですが、そんな私にとって、一人旅をして仕事の事を忘れて自由にする時間なんて、想像もつかないし、そんな時間を与えられても、どう過ごしていいかまったく想像がつきません。

でも、そのスタッフの言葉は、私のこれまでの人生を振り返るきっかけとなりました。

私の沖縄行きはどうなるか…
またこのブログで報告します。




posted by Sachiyo Inami at 00:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サチヨ先輩、がんばり過ぎ。


・・・って、思ってもすごくよくわかります。
この間、彼のmixiのコメントを読んだときも、仕事に対する気持ちとか、心が痛かったです。
私も身内の職場にいただけあって、重責を抱えながらどうしていいかわからないような状況にまでなってしまったので(結果、発病;)。


ひとり旅、サチヨ先輩行けるといいなあって思います。
新しい自分に出会える、まさに初めての旅かもしれませんよ☆
Posted by マヒナ at 2008年08月02日 02:04
マヒナさん、メッセージありがとう。
結局沖縄は、息子を3日学校を休ませて、息子と二人で行く事に決めました!
海で思いっきり遊んできます。

小5の息子も、あと2〜3年もすれば、母親と二人で旅行なんて行ってくれなくなるだろうし、小学生の息子としかすごせない出来ない時間を大切にしたいと思いました。

自分のための時間。。。。
私の幸せは、子どものために時間を使う事で、私自身が幸せに感じることができる。
他人を幸せにすることで、結局私が幸せになる。
仕事だって、仕事を通してクライアントのお役に立つことができる。そしてモノを創りだす事ができる。
それがとっても幸せ。

自分でもすごくがんばってきたなあと思うけれど、それは無理をしていたというよりも、私がそうしたかったからなんだと、私が私の幸せを追求するためにやっていたことなんだと気が付きました。

3/8の記事で紹介したアジャイ・デさんの言葉が今心に浮かんでいます。
人のためとは、自分のため。


Posted by 伊波サチヨ at 2008年08月02日 06:47
ステキな選択肢のひとつを選びましたね〜。


子どもを休ませちゃうって、アリ!だと思います。
いい旅になるでしょうね♪
沖縄、とってもいいところですから。


人のためとは、自分のため。
とは思いつつも、今のところの私は自分のためのことで、まだいっぱいいっぱいです(;_;)


9月にお会いできるの楽しみにしてます!
よろしければ、息子さんも!!

Posted by マヒナ at 2008年08月03日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック